シーズンが始まり多くのゲレンデが営業を開始するなか、ゲレンデに行きたいけれど時間がとれないという人もいるはずです。例えば、一泊二日の予定を立てた場合、休日の朝に自宅を出発して午後にゲレンデに到着し、夕方まで滑って宿に帰って就寝、そして翌日の午前中にゲレンデでスノボを楽しんだあとお昼過ぎに帰宅するというスケジュールになることがほとんどです。宿泊してスノボを満喫する時間が無い場合は、日帰りでも一泊二日の日程と同じように楽しむことができるのです。日帰りの場合、最も重要なことはゲレンデに到着する時刻を早めることです。

午後に到着していてはほとんど滑ることができないため、ゲレンデの営業開始時刻には到着しているように出発しましょう。ゲレンデが近ければ早朝出発でも構いませんが、おすすめは深夜に出発してしまうことです。深夜は交通量が少ないため自動車で走りやすく、さらに高速道路の料金が安くなることもあります。途中のサービスエリアによるなど、深夜のドライブそのものも楽しめます。

ゲレンデに着いたら、思う存分スノボを楽しみましょう。ゲレンデの営業開始時刻はまだ雪面が踏み荒らされていないため、快適な滑走ができます。前日に雪が降っていれば、極上のパウダースノーを楽しめることもあるのです。午後もゲレンデで滑走を満喫し、夕方になったら帰宅します。

この日程であれば、一泊二日の日程と同じ時間をゲレンデで過ごせます。工夫次第で、日帰りでもスノボを十分に楽しむことができるのです。スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です